aaaa

アドバルーン広告に関することなら

アドバルーン広告とは

アドバルーン広告とは、広告として宣伝として利用される球形の気球のことを指します。アドバルーン広告をよく目にする場所といえば、遊園地やスーパー、新しくオープンしたお店などです。アドバルーン広告内の浮力を利用し、50mほどの高さにまで上げることが可能です。また、アドバルーン広告は夜間でも、照明やスポッチライトの利用でアドバルーン広告を見せることが出来ます。しかし、夜ですとその照明代などもかかりますし、実際には日のあるうちに利用される方が多いです。アドバルーン広告は人の目を惹きますし、広告の方法としてはとても良い手だと思います。

アドバルーン広告のデザイン

アドバルーン広告を制作するときに、大切なのはデザインと配置場所です。アドバルーン広告は基本的に気球の大きさがいくつか決まっています。その決まっている大きさの中でどれだけ自分たちのアドバルーン広告を作れるかが大切になります。アドバルーン広告を専門とする業者ではデザインの相談もできますので一度相談してみるといいと思います。また、アドバルーン広告のデザインが完成しましたら配置場所を考えましょう。アドバルーン広告は空に向かって広告を描かがる形になるため、人目につくところにアドバルーン広告を設置しなければあまり目立たず、アドバルーン広告の設置の意味がありません。アドバルーン広告を利用する際は、アドバルーン広告のデザインと、設置場所をよく検討しましょう。設置場所等に関しても、アドバルーン広告専門業者に相談してみるといいかもしれません。

アドバルーン広告の歴史

アドバルーン広告はいつ頃から利用されているのでしょうか?実は日本で初めて係留気球のアドバルーン広告を利用されたのは1913年です。この時、化粧品会社がアドバルーン広告を利用したのが始まりと言われています。アドバルーン広告の歴史は100年程と浅めなのです。しかし、1930年頃にはアドバルーン広告が兵器としても利用できるとされアドバルーン広告の利用は禁止されました。昭和30年頃まで禁止されたアドバルーン広告は、禁止が解除された途端、多くの企業が利用するようになり、アドバルーン広告はいろんな場所で見られるようになりました。アドバルーン広告は広告幕に文字を入れられることから、いかに企業のことを知っていただけるかアドバルーン広告のデザインが重要視された。今でも、いろんな場所で見られるアドバルーン広告、自分たちならではのアドバルーン広告を作りたいと思ったら、一度専門業者にご相談下さい、