aaaa

最近の事情

最近のアドバルーン広告事情

アドバルーン広告と聞くと、マルイ球体に垂れ幕のイメージが強いかと思いますが、最近のアドバルーン広告はひと味違います。というのも、最近利用されているアドバルーン広告は虎や猫、イルカなど様々な形をかたどってます。中にはご当地キャラクターのアドバルーン広告などもあり、多種多様な場所で活躍しているのです。キャラクターのアドバルーン広告にすることで、子どもたちを始めとし、多くの人からの視線を集めます。また、イルカショーの際にイルカのアドバルーン広告を利用したり、ひと目で分かるようなデザインが人気を博しています。

アドバルーン広告の名前の由来

アドバルーン広告を発祥したのは日本ですが、このアドバルーン広告の名前の由来はご存知でしょうか?アドバルーン広告とは、英語の「広告」を意味する「ad」と「気球」を意味する「balloon」を組み合わせた造語です。アメリカではこのアドバルーン広告は広い意味で使われており、「宣伝用気球」や「宣伝用風船」もアドバルーン広告という言葉で表されています。宙に浮く、広告それがアドバルーン広告なのです。

注意点

アドバルーン広告を利用する際、いくつか注意点があります。アドバルーン広告のバルーンの中にはヘリウム、もしくは水素が利用されています。水素の利用は一歩間違えると引火や爆発の恐れもあるため、アドバルーン広告の利用は充分な注意と確認が大切なのです。最近利用されているアドバルーン広告はヘリウムで危険性の少ないものが多いですが、まだ水素の利用をしている業者はいます。アドバルンを利用する際は出来る限りヘリウムの利用をオススメいたします。